無人宅配もそう遠くない?宅配サービスが注目を浴びるワケ

人材不足が懸念される宅配サービスもIoTが進んでいる

送料以外に問題視する宅配業者のコスト対策

昨今宅配業界の動向がニュースでも取り上げられることが多いだけでなく、ニーズが増加しています。最も注目を集めている問題は宅配サービスにおける人材不足で、特にドライバーが不足している状況にあります。社会的関心が集まる中で消費者が現在インターネット通販を利用する機会が増えており、商品の運搬に対して人材の確保が必要といわれています。運搬に使うトラックドライバーが不足しており、求人情報を活発に出している状態です。
そんな中で営業用自動車によって運搬を行っている業者も増えており、住宅街などの宅配に活かしています。トラックと比較しても手軽に運搬することができるようになり、急増する宅配便のニーズに応えられるよう各企業で取り組んでいます。インターネットによる通販を展開している企業は現在100社以上にのぼっており、受注から商品の発送や決済などを宅配業者に依頼しています。しかし現在は消費者のニーズに応えられるよう宅配を進めていける状態が、宅配の遅延やドライバーの負担が増えないか危惧している状況です。最も各業者が懸念している問題が購入者が不在による再配達で、ドライバーに与える負担が非常に大きくなっています。不在で再配達を行うケースは年々増えており、作業量だけでなく労働時間にも影響を与えることが少なくありません。
再配達が宅配サービスの生産性を低下させる状況の中で、各宅配業者が工夫をしながら問題を解決できるように取り組んでいます。今後不在だったとしても簡単に商品を手元に持ってくることができるサービスを展開する企業も増えると考えられており、ますます新たなサービスに期待を集めています。