人材不足が懸念される宅配サービスもIoTが進んでいる

宅配サービスは効率化や省人化が進んでいる

宅配サービスのIoT化が進行中

インターネット通販を展開する企業が宅配サービスを開始するようになり、物流事業に対して各企業が注目を集めています。併せて宅配サービスにも目を向ける企業も増加傾向にあり、インターネットと物流の両立が今後のビジネスで見かけることが多くなりそうです。効率的な物流が機能すると、取引が日常生活を変えていくことでしょう。そんな中で宅配サービスは徐々に効率化とともに省人化を進めており、人材不足の解消策としてAIやIoTを取り入れる企業も徐々に増えています。研究を進めていくとともに、昨今無人宅配ロボットの試験走行も開始しています。国も支援しており、荷物を積んだロボットが自動運転を行って運搬を行います。実験段階ではありますが、数年後の実用化に向けて動き始めています。

省人化に関する施策が徐々に進んでいる

無人宅配ロボット以外にも最近ではスマートフォンなどを使ってドローンを操作していき、宅配サービスを検討する企業も増えています。技術開発によって宅配サービスは効率化や省人化が進んでいますが、国内外を問わず展開することもできます。様々な注文を逐次データ化していきながら、各部門に宅配サービスが円滑に進められるように指示していきます。人材不足をインフラ整備によって解消していきながら、宅配サービスの充実化を図ろうと各企業が動いています。そして人手不足ながら宅配サービスに対して需要が高まり続ける中で、省人化に対する技術開発が求められています。無人配送や宅配ボックスなどを活用して、業界はより注目を集めることでしょう。


この記事をシェアする